占いの豆知識

中国の占い「紫微斗数」

中国の占い「紫微斗数」 「封神演義」という中国で有名な文学小説があります。
こちらは、文学小説というだけでなく、おおよそ中国におられる神様たちの物語、ともされており、単なる文学小説というだけでなく、歴史的な側面も描かれた小説であり、中国の古代の国であった「殷」が舞台ともなっていることから、「歴史」「文学」「占い」など、このような3つのものなども学べる小説として、有名な作品の1つです。
さて、なぜこちらの「封神演義」が、「紫微斗数」と関連があるのか?ということについてなのですが、こちらの占いは、「封神演義」ととても深い関わりがあるのです。
まず、登場人物には、悪女として名高い「妲己」と呼ばれる人物であり、絶世の美女であったとされる方がいますが、こちらの方も、「紫微斗数」占いには登場します。
この場合には、「貪狼星」とされており、凶の星ともされており、結果としてこちらの星が出る方もおられますが、同時にこちらの星の長所、また短所なども、「紫微斗数」では分かるようになっています。
また、大変に策略の優れた人物として「太公望」という人物がおられますが、この方もこちらの占いには登場しており、こちらの結果が出た場合には、吉とされる星となっています。
このように、とても奥深い占術となっています。

中国の占い「紫微斗数」の人気ポイント

中国の占い「紫微斗数」の人気ポイント 中国から日本にやってきた占いというものは、大変に多いものですが、日本ではあまりまだ、馴染みがないものの、次第に浸透してきている占術というものが、こちらの「紫微斗数」占いというものになります。
こちらの占術の場合には、生年月日に加えて、さらには生まれた場所までもが必要になることから、極めて的中率がありながらも、難しい占いの一つであります。
それでは、どのような点が人気であるのか?ということについてですが、上記のように「的中率が高い」という点がまずは一つ目の人気のある点のものであり、また別のポイントとしては、こちらの「紫微斗数」に関しては、書籍である「封神演義」という中国文学が元になっている占いの一つでもあるため、とても人気が高い、とされています。
「封神演義」に関しては、数十年ほど前に、漫画などで大ヒットをしたものでもあり、また一時期には、このことから社会現象になるほどまで、書籍が売れた、とも言われています。
基本的に中国の文学であり、また中国ではよく知られた書籍でありますが、この書籍に出てくる人物たちを元にして、占術されたものが「紫微斗数」になっているため、漫画などを知っている方の場合には「自分はどの人物になるのだろうか」ということを知ることが出来る点も、利用される方が多いポイントの1つとなっています。

占いに関するおすすめリンク

新大久保の母で有名な占いカフェのサイト

原宿で占いをするなら